読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HP更新2008.12

 日本学研究会ホームページの藤原暹先生業績目録に「『五箇条の御誓文』の思想史的意義――『語彙』を中心に」(『神園』創刊号、平成20年)を追加更新しました。この論考は長年の研究教育の成果をもとに一「『五箇条の御誓文』の思想的前提」(1.本多利明の「庶民」―その時と所と状況、2.鶴峰戊申と佐藤信淵、3.戊申「善隣国宝館」と横井小楠「日本商館」)、二「『時処位』相応の論理」、三「『五箇条の御誓文』と同時期の思想状況」(1.天皇の「誓文」と「告諭」、2.「公議所」の議論)について論及した力作です。