読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淑徳大学アーカイブズ特別展「近代日本における感化教育の黎明期」


 淑徳大学長谷川仏教文化研究所より、次の資料を恵与戴きました。記して御礼申し上げます。 

『淑徳選書1 近代日本の感化事業のさきがけ――高瀬真卿と東京感化院』(長沼友兄著、2011年10月1日発行)

 『平成23年度淑徳大学アーカイブズ特別展図録 近代日本における感化教育の黎明期――東京感化院と千葉感化院』(平成23年10月8日発行)

 「座談会 感化教育史研究の到達点と今後の課題」(石原剛志・長沼友兄・二井仁美・藤原正範・山崎由可里著、『長谷川仏教文化研究所年報』第36号、2012年3月収録予定抜刷、2011年9月25日印刷)

 長沼友兄先生の御著書は水戸出身の高瀬真卿(1855〜1924)について、新聞記者や宮城県での自由民権運動、監獄教誨師、感化院の運営など全体像を紹介した労作です。

 なお、図録に掲載されている展示の案内は次の通りです。
〈平成23年度淑徳大学アーカイブズ特別展〉近代日本における感化教育の黎明期――東京感化院と千葉感化院――
会期:平成23年10月8日〜平成24年3月30日(10:00〜16:00)
(土日・祝日を除く。入試時等による臨時の閉室日はホームページよりご確認下さい。)
会場:淑徳大学 千葉キャンパス(千葉市中央区大巌寺町200)
    淑水記念館3階(淑徳大学アーカイブズ展示室1・2)