読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域博物館シンポジウム「新渡戸稲造の精神をどう活かすか」

f:id:sato189:20160819143354j:plain

 新渡戸稲造が先祖ゆかりの地、青森県十和田市に遺した文化遺産「新渡戸記念館」の価値を再発見し、地域博物館の新しい実践について考えるシンポジウム「新渡戸稲造の精神をどう活かすかーー新渡戸記念館の現状と未来への挑戦」が、9月4日(日)13時より、東京文化財研究所セミナー室で開催されます。

  • 開催日時: 9月4日(日)13:00~17:30(12:30開場)
  • 会場: 東京文化財研究所セミナー室(東京都台東区上野公園 13-43)
  • 参加対象:一般(定員120名)※事前申し込み制
  • 参加費: 500円(資料代) ※シンポジウム終了後(18:00~)の懇親会参加希望者のみ別途3,500円(軽食・飲み物代)
  • プログラム

【第一部 基調講演】

  1. 新渡戸稲造と文化の力」青柳正規氏(前文化庁長官・東京藝術大学特任教授)
  2. 「新渡戸記念館を活かした歴史まちづくりについて考える」三井所清典氏(芝浦工業大学名誉教授)

【第二部 パネルディスカッション】
 「新渡戸記念館の価値をどう地域の未来に活かすか」

  • コーディネーター:半田昌之氏(公益財団法人日本博物館協会専務理事)
  • パネリスト:「世界の中の新渡戸記念館」前田耕作氏(アフガニスタン文化研究所所長、文化遺産国際協力コンソーシアム副会長)、「生田勉建築としての価値」竺覚暁氏(金沢工業大学教授、金沢工業大学建築アーカイヴス研究所長)、「地域博物館としての価値」矢島國雄 氏(明治大学教授、全日本博物館学会前会長)、「外国人の視点から見た価値」マンリオ・カデロ氏(サンマリノ共和国特命全権大使、駐日外交団長)、「十和田市民の視点から見た新渡戸記念館問題」保土沢道是氏(新渡戸記念館をまもる会(save the towada)、十和田市民)、「新渡戸記念館の所蔵資料の特長」角田美恵子氏(新渡戸記念館ボランティアKyosokyodo学芸員
  • 閉会挨拶:藤原 洋氏(全国地域ミュージアム活性化協議会事務局長、理事)
  • 会場でのパネル展示:「新渡戸稲造が残した小さな博物館「新渡戸記念館」の魅力~資料・建物・地域」
  • 主催:「地域博物館シンポジウム・新渡戸稲造の精神をどう活かすか」実行委員会
  • 共催:全国地域ミュージアム活性化協議会
  • 後援:(公財)日本ユネスコ協会連盟
  • 協力:(公財)日本博物館協会、全日本博物館学会、(公財)日本刀文化振興協会、(一社)次世代芸術文化都市研究機構
  • 申し込み方法:8月31日(水)までにお電話、ファックス、メール、郵便にて必要事項をお知らせください
  • [必要事項] お名前、ご所属、ご連絡先(tel番号、メールアドレス) 懇親会出席の有無
  • お申込み・お問い合わせ先:〒034-0031青森県十和田市東三番町24-1新渡戸記念館内「地域博物館シンポジウム・新渡戸稲造の精神をどう活かすか」実行委員会事務局(担当:角田) メールアドレスnitobemm〔アットマーク〕nitobe.jp  電話080-5578-5939 FAX0176-23-4430(受信専用) ホームページ 

    http://www.nitobe.jp/

www.nitobe.jp