読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公開シンポジウム「西洋作家の神道観」

 明治神宮国際神道文化研究所の公開シンポジウム「西洋作家の神道観 ―日本人のアイデンティティーを求めて―」が平成25年(2013)2月9日(土)午後1時30分より、明治神宮参集殿で開催されます。本シンポジウムでは昨秋にフランス語による論文集を出版した平川祐弘氏をはじめ、神道および日欧文化交流史の専門家をお招きし、内と外の視点から日本人のアイデンティティについて考えます。
 参加ご希望の方は、催事名、住所、氏名、連絡先を明記の上、メール・FAX、または電話にてお申し込みください。受付完了後、受講票をお送りします。 (明治神宮のホームページより、チラシのPDFがご覧になれます。→ http://www.meijijingu.or.jp/news/130101.html

公開シンポジウム:「西洋作家の神道観 -日本人のアイデンティティーを求めて-」
基調講演:「西洋作家の神道観 -日本人のアイデンティティーを求めて-」
      平川祐弘氏(東京大学名誉教授)
コーディネーター:稲賀繁美氏(国際日本文化研究センター教授)
コメント1:「神道の過去現在未来−神道学の視点から−」
      櫻井治男氏(皇學館大学社会福祉学部教授)
コメント2:「クローデルと日本−日仏文化交流史の視点から−」
      ミッシェル・ワッセルマン氏(立命館大学国際関係学部教授)
日 時:平成25年2月9日(土)13:30−16:00
会 場:明治神宮参集殿
定 員:300名(参加無料、要申込。1月7日より受付開始)
主 催:明治神宮国際神道文化研究所
申込先:〒151−8557 東京都渋谷区代々木神園町1−1 明治神宮国際神道文化研究所 TEL03−3379−9338 FAX03−3379−5732 E-MAIL:center_mj/so.meijijingu.or.jp(/を@に変えてお送りください)