一関の昔の年中行事

f:id:sato189:20200531213030j:plain

めえだま(御嶽山御嶽神明社拝殿)

はじめに

 年中行事は、「目に見えないものと現実に生きる人(あるいは共同生活体)との呼応または交渉が一定の期日に行われ、それが永く固定して伝承された」ものであり(森口多里「岩手県の歳時習俗」)、「生業と深く結びついており、神霊に豊かな幸を祈願する予祝儀礼と、それへの感謝と祝福を込めた収穫儀礼を軸とする生業儀礼が年中行事の中核となっている」といいます(白石昭臣「正月と盆」)。その調査によって、「一つの土地、一つの家だけに限られた特色でなく、汎く日本という国に住む者の共に知り、共に守ろうとしていたものが、いかなる慣習であったかを明らかにし」(柳田國男『年中行事覚書』)、また「総て永く継承したる習慣には、何等かの理由の存するが故に、学者は須らく其所以を捜索すべきもの」(新渡戸稲造『増訂農業本論』)とされてきました。

 明治維新後、暦日は太陽暦によることに改められましたが、農村においては農作業に適応する陰暦が用いられ、昔ながらの年中行事が行われてきました。行事の日は農作業を休み、ご馳走をつくってお祝いしたので、楽しみに待っていたものでした。しかし戦後新生活運動の一環として太陽暦への全面切り替えが実施され、また農業経営の多様化によって、一部を除いてほとんど廃れてしまい、昔ながらの素朴さが失われ、味気ない世の中になったと嘆く老人も少なくなかったといいます(『東山町史』)。

 宮城県の農村部で全面的に太陽暦が用いられるようになったのは、昭和四十年代に入ってからのことであり、いまだに社寺の祭祀は旧暦または一月遅れで行われているのが一般で、盆行事は一月遅れの八月になりました。岩手県南の農村でも同様に旧暦が用いられました。しかし昭和四十年代半ばを過ぎると、農作業の機械化が進み、作業が一か月以上早められ、太陽暦の周期とほぼ一致するようになり、昭和五十年代にはいかなる山村でも新暦に改められました。作業の機械化は、厳しい作業にリズムや弾性を持たせる必要がなくなり、さらには農村生活の様式まで変容するにつれ、歳時習俗などの伝統文化は急速に衰微し、その断片的な部分だけが行われるようになったといわれています(三崎一夫「宮城県の歳時習俗」)。

 以上の状況を踏まえて、岩手県一関市内における、農作業に旧暦が用いられていた昭和四十年代までの主な年中行事について、自治体史や公民館等の資料をもとに確認したいと思います。

 なお、参照資料は次の通りです。阿部正瑩『厳美地方の民俗資料』(昭和六十年)、一関市史編纂委員会『一関市史』第四巻(昭和五十二年)、弥栄中学校『郷土誌 弥栄の里』(昭和四十八年)、佐藤恭『永井村史抄』(昭和五十七年)、老松公民館『おらほのしきたり』(平成九年)、猿沢地区老人クラブ連合会『おれたちの若いころ』(平成七年)、東洋大学民俗学研究会『旧中川村の民俗』(昭和四十八年)、磐清水公民館『ふるさとの行事と行事食』(昭和五十七年)、小梨公民館『おらほのならわし』(平成六年)、東山町史編纂委員会『東山町史』(昭和五十三年)、室根村史編纂委員会『室根村史』下巻(平成十六年)、川崎村教育委員会『川崎村の年中行事と農民のくらし』(発行年不明)、藤沢町教育委員会『村の歳時記』(昭和五十九年)。

 このページには行事の名称のみを記しました。各行事の内容につきましては、電子書籍『家庭のまつりと年中行事』(御嶽山御嶽神明社発行、令和二年)に収録されていますので、ご興味のある方は、Amazon のサイトからご覧になってみて下さい。

一 正月行事

(一)正月の準備

  • 煤はき 十二月二十七日(厳美は二十五日。永井、猿沢は二十九日)。すす払い(永井、老松、猿沢、中川)ともいう。
  • 餅つき 十二月二十八日。
  • 歳の市 十二月二十九日(川崎は二十日、室根は二十二日、猿沢は二十七日、藤沢は二十八日)。詰め町(老松、猿沢、室根)、年の市(川崎)ともいう。
  • 門松 十二月三十日(川崎は二十八日。中川は二十九日~三十日)。松飾り(永井)ともいう。
  • お年越し 十二月三十日。

(二)正月行事

  • 若水迎え(若水汲み) 一月一日。
  • 元朝参り 一月一日。
  • 年始礼 一月二日。門礼(猿沢)、年始巡り(小梨)、御年始(中川、東山、室根)ともいう。
  • 初売り・初買い 一月二日。
  • 里帰り・初泊まり 一月四日。初礼(厳美)、嫁ごの初泊まり(老松)ともいう。
  • 五元日 一月五日(舞川は四日より)。ご年始まち(厳美)、町年始(萩荘)ともいう。
  • 若木迎え 一月六日。六日山ともいう(萩荘、永井、老松)。
  • 七草 一月七日。人日の節句(永井)ともいう。
  • 農はだて 一月十一日。
  • 初山の神 一月十二日。山神の精進(萩荘、永井、老松)、山の神(舞川、猿沢、東山)、山の神精進講(川崎)ともいう。

(三)小正月行事

  • 望の年越 一月十五日(老松は十四日)。
  • ものまね(ものつくり) 一月十四、十五日。
  • 道具の年越 一月十五日(老松、藤沢は十四日、舞川は十二月二十日)。農具の年越(小梨)ともいう。
  • もぐらぼい 一月十五日。もぐらうち(厳美)、もぐらぶち(磐清水、小梨、東山)ともいう。
  • 鳥追い(とりぼい) 一月十五日。
  • 小豆粥 一月十五日。
  • 焼祷(やいとう) 一月十五日(舞川、永井は二十日)。焼人(舞川)、おまじない(東山)ともいう。
  • 成り木責め 一月十五日(永井、老松では十四日。磐清水では十六日)。なり木まじなえ(弥栄)、モズギリ(老松)、もちぎり(猿沢、中川、藤沢)ともいう。
  • せどり 一月十五日(中川は十一日~十四日。永井は十四日。磐清水は十六日)。かくれざと(永井)、門付かせどり(小梨)ともいう。
  • 田打ち 一月十五日(中川は一月三日~二月九日。萩荘は一月十一日より。永井は十五日以降)。門付田打(磐清水、小梨)ともいう。
  • 仏の正月 一月十六日。藪入り、仏のあげ初め(弥栄)、地獄の釜の蓋も開く(老松、中川、小梨、藤沢)、餅の元日(東山)、霊祭(室根)、望の元旦(藤沢)ともいう。
  • お十八夜 一月十八日、五月十八日、九月十八日。お十八夜の精進(舞川、川崎、藤沢)ともいう。
  • まゆかき 一月二十日(磐清水、小梨、東山では十八日)。まゆっこかき(猿沢)、粟刈り・稗刈り(老松、藤沢)、粟刈り(小梨、東山)、繭玉かき(川崎)ともいう。
  • 蔦の年越し 一月三十日。二月正月・蔦の正月・おわりの正月(厳美)ともいう。

二 春・夏の行事

  • 蔦の正月 二月一日(猿沢、磐清水、小梨は一日~三日)。蔦の元日(老松、東山、藤沢)ともいう。
  • 節分・寒明け 立春の前日。
  • つたおさめ 二月九日(老松、東山、藤沢では四日)。神送り(猿沢)、総納め(室根)ともいう。
  • 初午 二月最初の午の日。
  • 八日団子 二月八日(弥栄は九日)。テンゲ団子(厳美、猿沢)、すはすだんご(萩荘)、厄神だんご(舞川)、天げ団子(東山)、天向(藤沢)ともいう。
  • 釈迦だんご 二月十五日。お釈迦様の命日(猿沢、中川)、お釈迦様(磐清水、小梨)ともいう。
  • 春彼岸 春分の日を中日とし、前後七日間。
  • 社日 春分の日に近い戊(つちのえ)の日。
  • 桃の節句 三月三日。雛祭(弥栄、老松、猿沢、東山)、上巳節句(永井)、ご節句(猿沢)、三月節供(中川)、おひなさま(磐清水)、節句(小梨)ともいう。
  • 山の神様のお精進 三月十二日。
  • お釈迦様のお誕生日 四月八日。灌仏会(永井)、お薬師さま(磐清水、小梨、室根)、お釈迦祭(東山)ともいう。
  • 八十八夜 立春より八十八日目。
  • 端午の節句 五月五日。菖蒲の節句(老松、中川)、節句(磐清水、小梨)ともいう。
  • むけのついたち 六月一日。むきめの朔日(厳美)、むけみの一日(萩荘)、脱けの朔日(永井)ともいう。
  • 天王様 六月十五日。

三 七夕・盆行事

  • 七夕 七月七日。七夕の節句ともいう。
  • 墓払い 七月七日。七日日(厳美)ともいう。
  • 盆町 七月十二日(川崎は十一日、萩荘、弥栄は十三日)。盆市(弥栄、川崎)、市日(室根)ともいう。
  • 盆棚 七月十三日。盆はじめ(弥栄)、迎え盆(永井、老松)ともいう。
  • 墓参り 七月十四日(萩荘は十三日、小梨は十五日)。
  • あかしたて 七月十五日(永井、猿沢、室根は十四日)。初盆まわり(弥栄)、初盆詣り(永井)、あかしたて初盆(川崎)ともいう。
  • 送り盆 七月十六日(厳美、舞川は十五日)。お帰り(厳美、東山)、精霊送り(中川)、送り日(川崎)ともいう。
  • 二十日盆 七月二十日。
  • 三十日盆 七月三十日。

四 秋・冬の行事

  • 八朔の朔日 八月一日。たのみ、八朔(弥栄、小梨)、初作の朔日(室根)ともいう。
  • 二百十日・二百二十日  立春より二百十日、二百二十日目。
  • お明月様 八月十五日。お月見(弥栄、中川)、中秋の名月(老松、猿沢、藤沢)、お名月さま(磐清水、川崎)、名月(小梨)ともいう。
  • 社日 秋分に近い戊(つちのえ)の日。
  • 秋彼岸 秋分の日を中日とし、前後七日間。
  • 菊の節句 九月九日。重陽節句萩荘、永井、老松、藤沢)、ご節句(磐清水)ともいう。
  • 大根の年越 十月十日。
  • 恵比須講 十月二十日。恵比須様の年越(厳美)、お恵比須講様、エビスコ(中川、小梨)ともいう。
  • お刈上げ 九月三十日(磐清水、小梨は二十九日。厳美、萩荘、舞川、弥栄は十月一日)。お刈上げの朔日(厳美)、刈上餅(萩荘)ともいう。
  • 油しめ餅 十一月十五日(室根は十一日)。油しめ(舞川、室根)、油しめ団子(磐清水、小梨、川崎、藤沢)、ともいう。
  • 御大師様の年越 十一月二十四日(永井は三日・十三日・二十三日、萩荘は四日・十四日・二十四日、老松は二十三日)。大師講(萩荘、永井)、お大師様(弥栄、東山)、お大師団子・家宝団子(舞川、川崎)、御大師(老松)、果報ダンス(猿沢、中川)、果報だんご(磐清水、小梨、藤沢)、お太子様(室根)ともいう。
  • 水こぼしの朔日 十二月一日(中川では十一月二十九日。猿沢では三十日)。キャッパリの朔日(永井)、川よけ餅(萩荘)、みずこぼし(中川)、水神様(藤沢)ともいう。
  • 竈神様の年越 十二月五日(老松は六日)。宇迦(うか)の年越(弥栄)、倉稲(うが)の年越(永井)、おがの年越し(老松)ともいう。
  • お薬師様の年越 十二月八日。
  • 大黒様の年越 十二月十日(老松は二十日)。大黒祭(萩荘)、大根の年越(弥栄、舞川、中川)、大黒の嫁迎い(永井、小梨)、大根のお嫁迎え(老松)、大黒の女迎え(磐清水、川崎)、お大国様(室根)、大黒様の年取り(藤沢)ともいう。
  • 山の神様の年越 十二月十二日。
  • 冬至  冬至の日。

むすび

 岩手県一関市内で昭和四十年代まで行われていた主な年中行事を見てきました。このほか毎月の行事として、東山の農家では一日・十五日・二十八日に、氏神様や水神様、明神様に参詣することを、つい最近まで励行し、現在でも実行している家があるといいます。各家庭の年中行事の調度品は、基本的に手作りであり、一部を町で買い求め、あるいは神社から受けて行事の準備をしています。町の市や社寺は、主体者である家々の行事の手助けとして箕や幣束などを頒布し、また参詣の場を整備していると考えていいと思われます。また、厳美の煤はきのように、行事にあたっては家族が協力し、互いを思いやる様子がうかがわれます。一関市は餅文化のまちといわれます。それは正月、春、夏、盆、秋、冬、折々の年中行事に、餅や団子を神々や先祖に供えて拝礼し、家族一緒にいただく風習を尊び、伝承してきたことと関わりが深いと考えられます。

 

 

川口泰英『武士道に生きる――新渡戸稲造が説いた日本の精神』

f:id:sato189:20200518135809j:plain

川口泰英『武士道に生きる――新渡戸稲造が説いた日本の精神』表紙

 青森県十和田市の新渡戸記念館ボランティア Kyosokyodo(共創郷土)様より、川口泰英氏著・制作『武士道に生きる――新渡戸稲造が説いた日本の精神』(新渡戸記念館ボランティア Kyosokyodo(共創郷土)・2020年5月4日発行、弘前・北方新社販売、A5判、240頁)をご恵与いただきました。誠に有り難うございます。

 目次は次の通りです。

  • はしがき
  • 第一章 武士道とは何か(花は桜木 武士道の誕生 三つの源泉 サムライの職分 稲造は武士だった 八つの徳目)
  • 第二章 武士道の心(義は「正しき心」 勇は「ひるまぬ心」 仁は「思いやりの心」 礼は「わきまえる心」 誠は「まことの心」 名は「気高き心」 忠は「つくす心」 克己は「くじけぬ心」 書けなかった「孝」 武士道の弱点)
  • 第三章 サムライたちの生き方(赤穂浪士の忠義 サムライ、海を渡る 『武士道』を書く 武士的最期 始末に困る人 波立つ太平洋 国際平和を説く 燃えるような愛国者
  • 第四章 その後の武士道(大和島根に花薫るとき 武士道が果たしたもの 日本精神(リップンチェンシン) 花は咲く)
  • あとがき
  • おもな参考文献 

 本書は、新渡戸稲造の『武士道』の解説にとどまらず、著者がはしがきで述べるように、江戸時代から現代までの歴史を背景に、日本人の持つ道徳観と、日本の国柄について、時代を追いながら紹介しています。

 

武士道に生きる―新渡戸稲造が説いた日本の精神

武士道に生きる―新渡戸稲造が説いた日本の精神

 

 

 

佐藤一伯『家庭のまつりと年中行事』(電子書籍)

f:id:sato189:20200510092149j:plain

『家庭のまつりと年中行事』表紙

 電子書籍『家庭のまつりと年中行事』(御嶽山御嶽神明社、令和2年5月10日発行)を、Amazon より出版しました。

 目次は次の通りです。

まえがき
一 家庭のまつり
神宮大麻の歴史
三 近代の皇室・神社・家庭の祭祀
四 近世・近代の家庭祭祀論
神道の祖霊祭祀
六 産育の神まつり
七 近代の盛岡の七五三
八 岩手の厄年の行事
九 一関の昔の年中行事
あとがき 

 本書は、家庭のまつりや年中行事に理解を深めることを目的にしたものです。「おうち○○」という言葉が流行している世相をもとに、副題は「おうち神道を考える」としてみました。身近な伝統文化の大切さを見つめ直すきっかけとなれば幸いです。  

 

橋本政宣・宇野日出生編『賀茂信仰の歴史と文化』

f:id:sato189:20200510110337j:plain

『賀茂信仰の歴史と文化』(思文閣出版

 橋本政宣・宇野日出生編『賀茂信仰の歴史と文化 神社史料研究会叢書第6輯』(思文閣出版、令和2年4月30日発行、A5判上製、237頁)を、共著者の一人である森本ちづる氏のご高配により、出版社よりご恵与いただきました。誠に有り難うございます。

 目次は次の通りです。

 このうち、森本氏の論文は、上賀茂社に明治初期まで存続していた忌子と呼ばれる女性祀職が、本殿御戸開帳神供奉献で祭神の御側近くに祗候したことや、主に神田神事などの稲作儀礼に奉仕したことを明らかにし、伊勢の神宮の子良や大嘗祭の造酒児と共通する要素がみられることなどを指摘しています。

 

賀茂信仰の歴史と文化 (神社史料研究会叢書VI)

賀茂信仰の歴史と文化 (神社史料研究会叢書VI)

  • 発売日: 2020/05/15
  • メディア: 単行本
 

 

 

吉田満『ジンジョコの謎――肩車方言考』

f:id:sato189:20200501131241j:plain

吉田満『ジンジョコの謎――肩車方言考』

 岩手民俗の会会員の吉田満先生より、『ジンジョコの謎――肩車方言考』(盛岡・熊谷印刷出版部、2020年4月10日発行、A4判、188頁)をご恵与いただきました。ご出版をお祝い申し上げますとともに、お心遣いに感謝申し上げます。

 本書の目次は次の通りです。

  • はじめに
  • 第一部 〈ジンジョコ〉を巡って
  • Ⅰ 九戸方言地図
  • Ⅱ 〈ジンジョ〉系方言の概要
  • Ⅲ 全国の〝肩車〟の方言分布
  • Ⅳ 〈ジンジョコ〉の語源について
  • Ⅴ 〈ジンジョコ〉〝人形〟の正体は?
  • Ⅵ 〈ジンジョコ〉と個別・具体的人形との関係
  • 第二部 〈ジンジョコ〉の成り立ち
  • Ⅶ 〈ジンジョコ〉と「人形おくり」
  • Ⅷ 〈ジンジョコ〉と「オシラサマ」
  • Ⅸ 北海道の謎
  • Ⅹ まとめ
  • 詳細図
  • おわりに

 本書によると、「ジンジョコ」は主に青森県東部と岩手県北部沿岸で話されている「肩車」を意味する方言で、「人形おくり」すなわち「疫病おくり」「虫おくり」、さらには「オシラサマ」という、「北東北の風土を色濃く反映した祭り・行事と深く結びついていた」と指摘しています。

『近代の神道と社会』

f:id:sato189:20200207123856j:plain

 國學院大學研究開発推進センター編(責任編集・阪本是丸)『近代の神道と社会』(弘文堂、令和2年2月15日発行)をご恵与いただきました。

 目次は次の通りです。

  • 序(阪本是丸)
  • 近代の「神道と社会」を用意したもの――明治大嘗祭への道程(武田秀章)
  • 神武創業の精神と垂加神道――君臣合体守中之道(西岡和彦)
  • 大国隆正と福羽美静の国学――「本学」をめぐって(中村聡
  • 神武創業と国家祭祀形成(高原光啓)
  • 明治前期の神職とその活動――埼玉県の事例から(小林威朗)
  • 平田派国事犯事件について――丸山作楽を中心に(半田竜介)
  • 島地黙雷の政教論――「政教相依」論の展開と「布教」(戸浪裕之)
  • 扶桑教会宍野半と神道事務局直轄教会(永田昌志)
  • 御嶽教の変容と神道家――鴻雪爪と神宮暠寿による教団「神道化」をめぐって(中山郁)
  • 海老名弾正と黒住教――近代の神道キリスト教の接点(佐々木聖使)
  • 賀茂真淵の墓改修事業とその歴史的意義(坂井久能)
  • 池辺義象の日本法制史研究と祭政一致論(齋藤公太)
  • 近代神社祭祀と祭服――幣帛供進使服制の制定過程を中心に(星野光樹)
  • 大祓詞」変遷の軌跡と近代神道の社会対応(東郷茂彦)
  • 官幣大社霧島神宮列格の背景と経緯及び待遇向上運動(宮本誉士)
  • 神道人」から見る近代神道史――官幣大社浅間神社宮司時代における高山昇の活動・事績を中心に(齊藤智朗)
  • 神社と教育勅語――国民道徳を媒介とした関係について(高野裕基)
  • 大正期神社行政と神社「森厳」問題――内務官僚佐上信一の鳥取県庁時代に注目して(畔上直樹)
  • 高木兼寛の「神道観」――神道的「八紘一宇」の導線(黒岩昭彦)
  • 「大日本世界教稜威会」川面凡児の神道思想――今泉定助との比較を通じて(神杉靖嗣)
  • 山口鋭之助の祭政一致構想と神社界――大国隆正を回路として(上西亘)
  • 神宮大麻と家庭祭祀の思想――明治天皇の思召について(佐藤一伯)
  • 近代の大嘗祭論と天皇象(武田幸也)
  • 星野輝興の祭祀学――神嘗祭新嘗祭とをめぐって(中野裕三)
  • D・C・ホルトムの日本研究とその時代―― State Shinto 措定の目的を探る(菅浩二)
  • 植木直一郎の「古典研究」と皇典講究所國學院(渡邉卓)
  • 国家神道憲兵隊――日本救世軍弾圧をめぐって(小島伸之)
  • 昭和戦中期の国学研究――藤田徳太郎を例に(松本久史)
  • 戦時下における英霊公葬運動と神仏抗争――日本主義の哲学者・松永材の神仏観を軸として(藤田大誠)
  • 近代神社法制度と神社本庁(河村忠伸)
  • 折口信夫の自己定位――矢野玄道歌への言及から(上野誠
  • あとがき(宮本誉士)

 阪本是丸先生は序において、「本書は、令和二年三月に定年を迎える筆者が國學院大學研究開発推進センター長として編集する最後の論集となる。・・・・・・本書を契機として、今後活躍する研究者達が当該テーマを具体的かつ実証的にさらに深く検討されることを心より祈念して筆を擱くこととする」と述べています。

近代の神道と社会

近代の神道と社会

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: 単行本
 

齊藤壽胤『思索する経世学者佐藤信淵』

f:id:sato189:20191015103615j:plain

 齊藤壽胤先生より『思索する経世学者佐藤信淵』(彌高叢書第十三輯、彌高神社・平田篤胤佐藤信淵研究所、令和元年6月15日発行)、及び「おみやげの話」(『楽園』53号、令和元年6月1日発行)、「杓子の秘密」(『楽園』55号、令和元年10月1日発行)をお贈りいただきました。お心遣いに感謝申し上げます。

 『思索する経世学者佐藤信淵』は、「思索する経世学者佐藤信淵」、「佐藤信淵国学者か―国学を試論する」、「西洋発見と佐藤信淵の学問とにおいて」、「子供の命と将来―佐藤信淵の子供観から」、「佐藤信淵の「山相学」を読み解く」の五章からなります。