『神葬祭 その歴史を探る』

 

f:id:sato189:20170716074457j:plain

 阪本是丸先生より、『鎮守の杜ブックレット2 神葬祭 その歴史を探る』(神社新報社、平成29年)をご恵与いただきました。誠に有難うございました。

 阪本先生の提案により、平成元年(1989)、昭和天皇の御大喪諸祭を顧み、神葬祭の歴史的経緯と神道の霊魂観を探るため、各分野の先生方の執筆により神社新報紙上に連載された原稿をもとに再構成された1冊です。

 目次は次の通りです。

 はじめに

  1. 覗かれる未消化の異国文化―古代の墓制―(椙山林継)
  2. 日本固有の葬法―仏教伝来で葬法に変化―(斎藤忠)
  3. 平安時代以後の葬法―追善供養の仏教教学が波及―(神社新報社編輯部)
  4. 神道葬祭の成立―その淵源について―(岡田莊司)
  5. 檀家制度の成立―江戸幕府の宗教政策―(圭室文雄)
  6. 吉田流葬祭の発展(岡田莊司)
  7. 近世の墓地と墓石―工夫みられる神道の墓―(神社新報社編輯部)
  8. 神道宗門と神葬祭運動(椙山林継)
  9. 水戸藩の葬礼―神葬実行の苦辛―(近藤敬吾)
  10. 離檀運動支へたもの―国学者の死後観―(安蘇谷正彦)
  11. 幕末の離檀運動―浜田・津和野の離檀運動めぐって―(加藤隆久)
  12. 明治維新神葬祭―近代の神葬祭と墓地制度―(神社新報社編輯部)
  13. 近代神葬祭の光と影(阪本是丸)
  14. 地域社会と神葬祭の受容―儀式を司ったのは誰か―(櫻井治男)

   編集後記(神社新報社調査室)

 前方後円墳は最も日本的な特徴を示す古代の墓制であり(覗かれる未消化の異国文化)、仏教伝来以降も固有の葬法が伝承され(日本固有の葬法)、古来の野辺送りの葬法が庶民のなかで主流をなしました(平安時代以後の葬法)。

 応仁の乱以降、吉田神道を大成した卜部兼倶は「人は則ち神の主なり」として人間は死後神になると主張しましたが(神道葬祭の成立)、江戸時代には全国民が寺の住職からキリシタンではないことを保証する寺請証文の提出が義務づけられ、日本人すべてが仏教徒とさせられました(檀家制度の成立)。こうしたなか歿後の祓清めをはじめ諸儀ごとに中臣祓などを唱える吉田流神葬祭が、吉田家配下の神職自身のみに認められ(吉田流葬祭の発展)、当時の墓石銘の調査により神道葬成立の時期が解明されることが期待されます(近世の墓地と墓石)。水戸藩では徳川義公光圀の意志による独自の神葬式が行われ(水戸の葬礼)、宝暦(1751~1764)以降には土浦藩や伊予国越智郡石見国浜田藩、津和野藩、尾張藩などの神職による神葬祭運動や離檀運動が行われました(神道宗門と神葬祭運動)。そうした運動を支えたのは、死後の霊魂はこの世に留まり、この世の生成発展を守護することを説いた、本居宣長平田篤胤・岡熊臣ら国学者の死後観・霊魂観でした(離檀運動支へたもの)。もっとも弘化4年(1847)に津和野藩神職の離檀・神葬祭が許可された際にも「当人嫡子隠居」に限ると口上書にあるように、神葬祭問題の解決は明治維新をまたねばなりませんでした(幕末の離檀運動)。

 明治元年(1868)に政府は津和野藩の神葬祭などの宗教政策をもとに神職とその家族が神葬祭に改めることを許可し、明治3年に神葬祭用の東京・青山墓地が誕生、明治5年には教部省官員の小中村清矩・猿渡容盛が主務となり草稿した、教導職東西部管長千家尊福近衛忠房『葬祭略式』が刊行するなど、近代の神葬祭が普及する基盤が整えられました(明治維新神葬祭)。しかし神葬祭の執行と信仰をめぐる多様な問題(神官と教派神道との競合関係、神社の宗教性を払拭しようとする内務省の姿勢、伊勢神宮派と出雲大社派との教学論争など)により、内務省は明治15年(1882)に官社神官に教導職分離・葬儀不関与を達し、敗戦に至るまで神葬祭に影が覆い続けました(近代神葬祭の光と影)。その当時の希有な事例として、三重県伊勢周辺では、大教宣布運動に伴う神官の教化活動と関連し、祖霊殿(社)や神葬祭の普及に地域社会全体で取り組みました。今後、さらに多くの地域社会の実状をふまえて、神葬祭の問題が検討されることが大切といえます(地域社会と神葬祭の受容)。

 本書は地方から都市に流入した世代を中心に神葬祭の希望が増加しつつある現状をふまえて企画され、地縁意識の希薄化や新しい霊園の造成、費用負担が少ないことなどを背景に、今後も広がりを見せる可能性があると指摘しています(編集後記)。人口減少の危惧される地方においても、神葬祭への関心は以前より高くなっており、その歴史や意義について理解を深める上で、有意義な1冊と思われます。

books.jinja.co.jp

 

川口泰英『荒野に町をつくれ 三本木原開拓ものがたり』

f:id:sato189:20170302171115j:plain

f:id:sato189:20170302171134j:plain

f:id:sato189:20170302171149j:plain

 元十和田市民で八甲田雪中行軍関係の歴史作家として活躍する川口泰英氏の著書『荒野に町をつくれ――三本木原開拓ものがたり』(新渡戸記念館ボランティアKyosokyodo(共創郷土)、2016年12月24日発行、北方新社販売、A5判192頁)を、発行者様よりご恵与いただきました。誠に有難うございます。

 十和田に育つ子どもたちや十和田に住む方々が、ふるさとを知り、ふるさとを愛する一助になればとの思いから誕生した一冊であり、新渡戸伝、十次郎、稲造らの活躍を中心に、十和田市(三本木町)のなりたちや発展についてわかりやすく紹介しています。また本文中には関連史料が丹念に引用され、新渡戸記念館ボランティアKyosokyodo(共創郷土)作成の栞も付録されており、十和田の歴史を学びたいという人にとっても有意義な内容となっています。

 目次は次の通りです。

  • はしがき
  • 第一章 手つかずの土地(開拓の町/「無益の野原なり」/有志あらわる/苦労と才覚の人/開拓を願い出る/目指すは三千石/出資を募る/年表1)
  • 第二章 台地に水を(矢神の八十八人/五百六十間では足りない/山を掘り抜け/鞍出山に挑む/埋もれた十七人/天狗山を貫く/山あれば崩せ/谷あれば埋めよ/上水の先走り/立派な橋に/吉助死す/せきれいが飛んだ日/百年後まで/年表2)
  • 第三章 開けゆく町(初めての田植え/「稲生」の名に/町をつくる/『開業之記』/幻の穴堰/十次郎死す/伝死す/年表3)
  • 第四章 大志を継いで(藩がなくなる/開拓再開/軍馬の町に/水争いの末/太平洋の橋/わが骨は太素塚に/陳情三百回の失敗/悲願達成/二市四町をうるおす/初代市長に/百年の大計/新渡戸記念館ができる/年表4)
  • 第五章 未来へ(五千円札の肖像に/大鳥居再建/「奉納」された催事/未来への遺産/「開拓の大恩人」/郷土をつくろう/年表5)
  • あとがき
  • おもな参考図書

 本書は「小学校の高学年以上であればだれでも読めるよう、やさしく書きました。」(はしがき)とあるようにわかりやすい内容ながらから学ぶことが多いです。その中でも、昭和2年(1927)10月7日、新渡戸稲造が祖父・伝の墓参りで三本木を訪れた際、三本木小学校で町民に「三本木開祖の神様」と題して講演したというエピソードは興味深く、その時の稲造の心境は、本書むすびの次の文章に通じるように思います。

 花巻で生まれた新渡戸伝も、盛岡で生まれた新渡戸稲造も、自分の最後の地を三本木に選びました。初めはただの草原であったのに、この地を自分の居場所だと思い力をつくすことで、いつのまにか「ふるさと」になっていたのでした。郷土つまりふるさとは初めからあるのではなく、そこに生きる人々が自分の知恵と勇気でつくり上げていくものなのです。

 この美しく、かけがえのないふるさとをさらにすばらしいものにしていきましょう。そして自分の身の回りにまだ見ぬ「荒野」をさがしだし、そこに新たな「町」をつくっていこうではありませんか。

 新渡戸伝は守護神となり、この町の発展とみなさんの活躍を見守り続けているのです。(183頁)

 多くの方々にお読みいただきたい一冊です。

 

公開シンポジウム「人口減少時代に宗教はどう立ち向かうか」

f:id:sato189:20161230140233j:plain

 公益財団法人国際宗教研究所主催の公開シンポジウム「人口減少時代に宗教はどう立ち向かうか」が、平成29年(2017)2月18日(土)午後1時より、大正大学で開催されます。

 宗教が地域社会の過疎化や高齢化にどのような影響をうけているのか、また、人口減少社会の出現という大きなうねりの中で、新たにどのような役割を模索しようとしているのかを論じてみようとするものです。

【パネリスト(敬称略・順不同)】 
【コメンテータ】
【司会】
  • 山中弘(国際宗教研究所所長/筑波大学教授)

 参加ご希望の方は、国際宗教研究所のホームページ(

http://www.iisr.jp/symposium/present/sym_111.html)よりお申し込み下さい。

www.iisr.jp

一関市博物館テーマ展「古文書いろは――地域の歴史をひもとく」

f:id:sato189:20161226115327j:plain

 

 一関市博物館では、平成29年1月7日(土)から3月26日(日)まで、テーマ展「古文書いろはーー地域の歴史をひもとく」が開催されます。

 市内各地に伝わる江戸時代の古文書を通して、先人の生きた証を探る内容です。

 f:id:sato189:20161226115345j:plain

 一関市花泉町老松地区の名産干し柿のラベルも展示される予定とのことです。

テーマ展 古文書いろは―地域の歴史をひもとく | 博物館からのお知らせ一覧 | 一関市博物館

地域博物館シンポジウム「新渡戸稲造の精神をどう活かすか」

f:id:sato189:20160819143354j:plain

 新渡戸稲造が先祖ゆかりの地、青森県十和田市に遺した文化遺産「新渡戸記念館」の価値を再発見し、地域博物館の新しい実践について考えるシンポジウム「新渡戸稲造の精神をどう活かすかーー新渡戸記念館の現状と未来への挑戦」が、9月4日(日)13時より、東京文化財研究所セミナー室で開催されます。

  • 開催日時: 9月4日(日)13:00~17:30(12:30開場)
  • 会場: 東京文化財研究所セミナー室(東京都台東区上野公園 13-43)
  • 参加対象:一般(定員120名)※事前申し込み制
  • 参加費: 500円(資料代) ※シンポジウム終了後(18:00~)の懇親会参加希望者のみ別途3,500円(軽食・飲み物代)
  • プログラム

【第一部 基調講演】

  1. 新渡戸稲造と文化の力」青柳正規氏(前文化庁長官・東京藝術大学特任教授)
  2. 「新渡戸記念館を活かした歴史まちづくりについて考える」三井所清典氏(芝浦工業大学名誉教授)

【第二部 パネルディスカッション】
 「新渡戸記念館の価値をどう地域の未来に活かすか」

  • コーディネーター:半田昌之氏(公益財団法人日本博物館協会専務理事)
  • パネリスト:「世界の中の新渡戸記念館」前田耕作氏(アフガニスタン文化研究所所長、文化遺産国際協力コンソーシアム副会長)、「生田勉建築としての価値」竺覚暁氏(金沢工業大学教授、金沢工業大学建築アーカイヴス研究所長)、「地域博物館としての価値」矢島國雄 氏(明治大学教授、全日本博物館学会前会長)、「外国人の視点から見た価値」マンリオ・カデロ氏(サンマリノ共和国特命全権大使、駐日外交団長)、「十和田市民の視点から見た新渡戸記念館問題」保土沢道是氏(新渡戸記念館をまもる会(save the towada)、十和田市民)、「新渡戸記念館の所蔵資料の特長」角田美恵子氏(新渡戸記念館ボランティアKyosokyodo学芸員
  • 閉会挨拶:藤原 洋氏(全国地域ミュージアム活性化協議会事務局長、理事)
  • 会場でのパネル展示:「新渡戸稲造が残した小さな博物館「新渡戸記念館」の魅力~資料・建物・地域」
  • 主催:「地域博物館シンポジウム・新渡戸稲造の精神をどう活かすか」実行委員会
  • 共催:全国地域ミュージアム活性化協議会
  • 後援:(公財)日本ユネスコ協会連盟
  • 協力:(公財)日本博物館協会、全日本博物館学会、(公財)日本刀文化振興協会、(一社)次世代芸術文化都市研究機構
  • 申し込み方法:8月31日(水)までにお電話、ファックス、メール、郵便にて必要事項をお知らせください
  • [必要事項] お名前、ご所属、ご連絡先(tel番号、メールアドレス) 懇親会出席の有無
  • お申込み・お問い合わせ先:〒034-0031青森県十和田市東三番町24-1新渡戸記念館内「地域博物館シンポジウム・新渡戸稲造の精神をどう活かすか」実行委員会事務局(担当:角田) メールアドレスnitobemm〔アットマーク〕nitobe.jp  電話080-5578-5939 FAX0176-23-4430(受信専用) ホームページ 

    http://www.nitobe.jp/

www.nitobe.jp

『里之宮湯殿山神社史』

f:id:sato189:20160531151617j:plain

 『創建一四〇年記念 里之宮湯殿山神社史』(平成28年5月17日発行、A5判上製、239頁、題字・渋谷宣寛宮司)を、編著者の小形利彦先生よりお贈り戴きました。誠に有難うございます。

 山形市旅篭町に鎮座する里之宮湯殿山神社が記念事業として編纂・発行したもので、目次は次の通りです。

口絵

ごあいさつ(里之宮湯殿山神社宮司 渋谷宣寛)

祝辞

はじめに

一、湯殿山神社創建のころの旅篭町かいわい

二、三島県令の就任と湯殿山神社の創建

三、市神神社と市神様

四、市北大火と湯殿山神社の再建

五、戦時下の湯殿山神社

六、宗教法人 湯殿山神社の誕生

七、現在地への移転と新築

八、渋谷宣寛宮司の就任と湯殿山神社のいま

九、むすび~稿を終えるにあたって

一〇、里之宮 湯殿山神社史 年表

あとがき

  里之宮湯殿山神社は、山形県初代県令の三島通庸が、県庁・県都の守護神として、山形県西村山郡本道寺鎮座の湯殿山神社(口之宮湯殿山神社)の御分霊を勧請して、明治9年(1876)に創建されました。

 同社所蔵のの古文書類は宮司や責任総代により厳重に保存・管理され、神社創建140年を迎えるにあたり、資料整理を経てこの記念誌が出版され、今後も引き続き整理を実施して資料目録を作成し、今秋から順次公開する予定とのことです。

 小形先生と直接お目にかかったことはありませんが、同じ藤原暹ゼミ生として、教え子や知人による藤之会、それを発展させた日本学研究会を通じて、交流が続いておりますことに、深い感謝の念を抱かずにはいられません。

オバマ大統領の広島訪問に藤原暹先生を偲ぶ

f:id:sato189:20160528094753j:plain

 オバマ大統領は5月27日、アメリカの現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪れ、被爆者らが見守るなか、広島市平和公園で原爆慰霊碑に献花しました。

 その様子をテレビで拝見しながら、恩師の藤原暹(ふじわら・のぼる)先生(元岩手大学名誉教授、昭和8年〔1933〕10月11日~平成21年〔2009〕7月14日)が、晩年の平成20年(2008)11月のオバマ大統領当選のニュースを綴ったブログ記事のことを思い出しました。以下に再掲載させていただきます。

 11月の上旬から中旬にかけてささやかな私的な生活にも煩わしい生活・生命権の問題の日々が続いた。高齢の部類に入ると自然に人間嫌いに陥って来るが、その中で若手ばかりでなくミドルもシニアも含めて全体的な「人間の喪失」を感じていた。
 戦後間もなく『人間失格』を書き、自らも玉川上水で愛人と自滅して自己完結した作家がいたが…。彼には「失格」する「日本人」が在った。なぜなら、その前には大正人格主義など「人格」と「物格」が強く対決していたからである。その対決からの「失格」という恥じらいがあった。原爆後、身を置いた私は翌年に旧制矢掛中学に進学し、中途で新制中学に転じた時代である。こうした回想中に、つけていたラジオから「オバマ大統領当選」とニュースが聞こえた。150年間の念願の人種差別からの一歩だとリンカーンやキングの名前とともにアメリカは沸いていた。とっさに中学時代に配られた『民主主義』という上等な印刷の教科書を思い出した。
 その頃の中学の先生たちはそれぞれに個性的と言えば個性的であったが、進駐軍通訳流れの英語の先生や高等師範出というニヤケタ若手先生など蠢いていた。小生のクラスの社会の先生は何と東京大学法学部出というホイダ先生であった。ニヤケルにはやや年長の方であったが、民主的教育の実践という事で授業は机をグループ別にし対面式に並べたりして、お互いの意見交換が授業だと主張した。 民主主義と平等というテーマになった時間であったか、「アメリカの平等」の話題に移った時に、私は「アメリカでは黒人も白人も平等でしょう。」と発言した。ホイダ先生は「黒人はやはり白人に劣っています」と言った。小生は「でも、ジャキー・ロビンソンはすばらしいバッターです」と言ったら、ホイダ先生は困った顔をしながら黙まられた。ホイダ先生の反応の理由は小生には定かには分からなかったが…。私はそれ以上つっこまなかった。それが日本人としての「大人の格好」かと自負するような生意気盛りの時代でもあった。その後に人生で教え込まれたアメリカの民主主義も実は出来上がったものでも、民主的平和な「道」でもない事をいやと言うほど知らされた。という事はアメリカ型民主主義を一途に進んだ日本の民主型政治、経済、文化(国連主義も含んで)など平和・安全な「道」などには程遠いものだとも知らされた。
 今回のオバマ当選に沸く人種を超えた市民の歓声を聞きながら150年の歴史を想起させられた。改めて、私達が市民的民主主義を知って60年たらずである。まして市民的人格の成熟などとは言えない現今の日本人の実態と未熟さも知らされたのである。

藤原先生近況2008.11(3) - 日本学ブログ

 この8年前の文章を読みながら、お父様を原爆で亡くした藤原先生がご存命であったら、きのうの出来事をどのように感じられたか、あるいはこの歴史的訪問を予見していたのかも知れない、と偲ばれました。

藤原暹先生略歴・業績目録 - 日本学研究会